忍者ブログ
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
twitter
最新TB
プロフィール
HN:
reiji.
年齢:
33
HP:
性別:
男性
誕生日:
1984/07/18
職業:
PHOTOGRAPHER
自己紹介:
26歳。宮城県在住のフリーランスフォトグラファー。
コマーシャルフォトを中心に、写真のワークショップ講師やアートイベントのプロデュースなども展開中。
バーコード
ブログ内検索
最古記事
(08/11)
(08/13)
(08/28)
(09/20)
(09/25)
アクセス解析
2017.09
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
prev : 08月
next : 10月
84 83 82 81 80 79 78 77 76 75 74
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

定禅寺のギャルソンは今日も静かだった
女性たちが小声で話す声と静かにジャズが流れているだけで、それ以外の音はどこかに吸収されてしまってるようだ
僕はいつも通りウィンナを、ミキはブレンドを飲んでいた

左に見える定禅寺通りを2階建てのマイクロバスが通り過ぎていく。この静かな沈黙の時間を僕はじんわりと楽しんでいた。いや、本当は何と話を切り出せばいいのか分からなかっただけなのだ。

唐突にミキが
『あなたが甘いコーヒー飲んでるの初めて見たんだけど』と不機嫌そうに言う

「ここのウィンナだけは好きなんだ。大して甘くないし。」

ふうん、自分で聞いてきたくせに彼女は興味なさそうに相槌をうつ


またしばらく沈黙が続いた
その間彼女は一度も僕から目を離さなかった
彼女は昔からこうやってあなたから切り出しなさいよと無言のプレッシャーをかけてきた


『で、その人の事好きなの?』
シラを切り通した僕に目も合わせずに呟くように彼女は言った

「いあ…ただ人間的に興味はある。確かに理由は龍都に似ているからなのかもしれないけど。別にその人が龍の代わりになるとは思っていないよ」

その言葉をミキは泣き出しそうな顔で聞いていた

彼女と付き合っていたのはもう4年も前の話で、今ではユウというパートナーだっている。
彼女は何が不満なのか僕にはよくわからなかった。
僕が龍都に代わる誰かを見つけて、自分だけが彼の呪縛から抜け出そうとしているからだろうか。


ギャルソンの壁は暑い日でもひんやりとしていた
僕は壁にもたれてしばらく俯いていた
話はそれ以上進まなかった





PR
COMMENT FORM
NAME
TITLE
COLOR
MAIL
URL
PASS
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字  
TRACKBACK
TRACKBACK URL
忍者ブログ | [PR]
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.
"reiji." WROTE ALL ARTICLES.