忍者ブログ
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
twitter
最新TB
プロフィール
HN:
reiji.
年齢:
33
HP:
性別:
男性
誕生日:
1984/07/18
職業:
PHOTOGRAPHER
自己紹介:
26歳。宮城県在住のフリーランスフォトグラファー。
コマーシャルフォトを中心に、写真のワークショップ講師やアートイベントのプロデュースなども展開中。
バーコード
ブログ内検索
最古記事
(08/11)
(08/13)
(08/28)
(09/20)
(09/25)
アクセス解析
2017.10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
prev : 09月
next : 11月
1 2 3 4 5 6
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



「なによ、そのあたま!」

かなえは目を丸くして、すこしびっくりしたようにそう言ってから
プッと吹き出して笑い始めた。そして続けて、
「おっかしー。失恋でもしたの?」そう言った。
『別に〜暑いからスッキリしたかっただけ』
僕はそう言ってから目の前におかれた水をゴクゴク飲み干して、ウェイターにアイスコーヒーを注文した。
僕が坊主にした理由は色々あったけれど、決して失恋という訳ではなかった。
今年28歳を迎えて、30歳まであと2年という節目にとにかく今までやってみたいと思っていてもやっていなかった事を1つずつやってみようと思ったのだ。
だからまずは簡単にできそうな事からやってみた、それだけだ。
だけど、なんだかそれを口にしようとした瞬間「女の子みたいだね〜」っと馬鹿にする彼女の顔が思い浮かんで、言うのをやめた。

久しぶりに会った彼女は花柄のワンピースにツバの広い麻色の帽子をかぶっていて、まるでどこかの常夏の島から飛び出してきたようで、まだまだ湿度の高い日が続く仙台にはとても不釣り合いだった。そしてなにより坊主頭の高校球児のような僕にも不釣り合いだった。

坊主は予想以上にいいものだった。
髪型が定まらないストレスも、がんこな寝癖を直す時間も短縮できた。
そしてなにより「かっこよく見られたい」とかいう他者からの評価を求める行動を一切やめる事が出来た。

「なんだか見慣れないから笑っちゃうけど、意外といいと思う」
かなえは頬杖をつきながらまた笑ってそう言った。

『ありがとさん』僕は裏返った声でおどけてみせた。

さっき届いたばかりのアイスコーヒーはもう氷が溶けて薄いコーヒー水になっていた。
30度を越える日にテラスにいるんだから無理もない。
グラスについた水滴がダラダラとテーブルに水たまりをつくる。
僕はそれをなぞって絵を描くかなえの姿をぼーっと眺めていた。

仙台の短い夏がやってきた。




一昨日、東京から友人の麻美が遊びにやってきた。
彼女は学生時代の数少ない友人の1人で、人間不信で誰にも心を開かなかった10代の僕を唯一馬鹿にして笑い飛ばしてくれる人だった。
そして当の本人も心にどこか埋めきれない隙間をもっていた。
今でも時々思う。この子が馬鹿話をして、笑わせてくれていなかったら僕はもう生きていなかったかもしれないと。そのぐらい思春期に対面した大切な人たちの死の影は19歳の僕の精神を蝕んでいた。

9月、彼女はオーストラリアに行くそうだ。
「28歳になってようやく自分のやりたい事出来るような気がする」
夕刻の仙石線の中で彼女は両足を伸ばしてそんな事を言った。
そしてこうも言った。「初めてポジティブな気持ちで宮城に旅行にきたよ」っと。
彼女がこの土地を訪れたのはこれで3度目だった。前の2回はたしかに常に何かに苛まれていて都会から逃げ出すようにここへやってきた。
なにか重い荷物を降ろしてきた彼女はとてもスッキリしてキラキラした顔で笑っていて、僕もそんな彼女の顔を見れて素直に嬉しいと思った。
電車はキィーっと減速しながら駅に停車して「ほんしおがま〜ほんしおがま〜」と車掌さんが静かにアナウンスをした。

きっとそんな彼女の人柄だから向こうに行ってもうまくやるんだろう。
僕はほづみの晩に、彼女がまた素敵な顔でやって来る日の事を想う。




PR


塩竃に産まれ育っておいて、恥ずかしながら初めて御神輿御奉仕させて頂きました。
とてもいい経験になりましたし、塩竃の文化や歴史の重さをしかと感じる事が出来ました。
これから塩竃で生きていく上で僕はこの重さを背負っていかなければいけないんだなぁとしみじみ感じさせて頂きました。
でもね、あの達成感はすごいですね。

また1年塩竈に清浄な空気が満ちますように。


心の響き〜被災者として、音楽家として〜
竹の塚にある神の家族主イエス・キリスト教会にてチャリティーコンサートが行われます。
塩竈在住のオペラ歌手高橋正典さんよりお誘い頂き、宮城県内の被災時の記録写真を展示することとなりました。
私も前日から入り、当日もどちらかはいれると思いますのでお誘い合わせの上是非ご覧下さい。

高橋正典さん公式HPより転載:
東日本大震災で被災した若手音楽家4人によるコンサートです
被災した私達若手音楽家が頑張っている姿を見ていただきたい
必要経費を差し引いた入場料は被災音楽家の支援に寄付します。


■チケット
2000円

■開催日時
2011年6月23日(木曜日)
午後の部 13:30開場 14:00開演
夜の部  18:30開場 19:00開演

■開催場所
神の家族主イエス・キリスト教会

足立区伊興本町2-1-10
東武伊勢崎線 竹の塚駅 徒歩10分
TEL 03-5837-4490

■アクセス
http://kaminokazoku.com/modules/pico/index.php?content_id=4


写真家の平間至さんよりご連絡頂きましたので告知致します。

先日の塩竈復興ライブに続き、復興ライブ第二段を七ヶ浜中央公民館の土俵で5月8日18:00頃から行います。
またまた、生声に生ダンス、生キャンドルでお贈りします 。

出演アーティストは
ASTUSHI(DRAGONASH)
早瀬直久(ベベチオ)
ワタナベダイスケ(D,W,ニコルズ)
鈴木ちひろ
キャンドルジュン

七ヶ浜近郊の方、是非聞きにいらして下さい。
みんなの心に少しでも火が灯ともったら嬉しいです


前回同様敷物と防寒具をもった上でご来場する事をお勧め致します。
忍者ブログ | [PR]
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.
"reiji." WROTE ALL ARTICLES.